2019年3月15日

大分高校(大分) 初出場

 

 選抜初出場の原動力となったのがエース長尾と捕手・江川のバッテリーだ。小学時代からコンビを組み、言葉を交わさなくても「考えることが一緒」と声をそろえるように、互いを理解している。
 長尾の最大の武器は制球力。昨秋は全8試合に登板し通算50回を投げ与四死球わずか10。最速132キロだがチェンジアップ、シュート、縦横のスライダー、スプリットと多彩な変化球を駆使し打者に的を絞らせず。防御率1・98にまとめた。
 九州大会後は一日6食を心がけ体重も4キロ増加。さらなる下半身強化やリリースポイントの修正で、自慢の制球は安定感を増したという。「(江川は)打者の苦手な部分が分かる。構えたところにしっかり投げたい。相手打者が“なんで打てないんだ”と思われる投球ができれば」と不敵に笑う。
 3番を打ち攻守の要となるのがドラフト候補の江川だ。二塁送球完了は1・8秒台を誇り、打っても昨秋は打率・394。名捕手だった野村克也氏(元ヤクルト監督)を尊敬し趣味の「人間観察」で磨いた洞察力から導くリードに定評がある。
 打撃では、チームで取り組んだ、1カ月間の徹底した打撃練習と一日1000回の素振りでスイングスピードが格段にアップ。苦手の速球攻略への自信を得た。「チームの勝ちにつながる好機に強い打撃をしたい」。強肩強打の捕手としても、全国にその名をとどろかせる。

(スポニチ発行2019センバツ特集号から)

error: Content is protected !!