2019年3月5日

八戸学院光星高校(青森) 3年ぶり10度目

 もう手が届く位置にいる。東北勢の悲願とされてきた甲子園優勝旗の「白河の関」越え。坂本2世の呼び声高い「3番・遊撃」で主将も務める武岡は「全国制覇を目指したい!」と、はっきり口にした。
 「坂本2世と言ってもらえるのは、やっぱりうれしいです」
 八戸学院光星に入学するきっかけが、同校で活躍した坂本勇人(現巨人)だった。武岡は「小学生の頃からファンだった。ショートの守備も坂本さんを参考にしている」と笑顔を浮かべた。
 昨夏の甲子園も経験し、新チームでは主将に就任した。「最初は俺が引っ張るという意識が強かったが、チーム全体が自然と付いてきてくれる。気負わないでできる」という。理想のリーダーとしては「自分も野球を教えてもらった。視野が広くて気が使える人」と、昨年の主将である長南佳洋(明大進学)の名を挙げた。
 昨秋は東北大会で優勝し、明治神宮大会でも1勝。武岡が原動力となった。公式戦10試合の打率・457も見事だが、10四死球と・565の出塁率が打線の要であることを物語っている。
 秋に全国の頂点に立てなかった原因は分析済みだ。武岡は「バントだったりエンドランだったり小技が決まらなかった。簡単に点を取らないといけないところで取れなかった」と修正点を挙げた。個人としても打撃力の向上に取り組んできた。
 「オフの日でも休むと体がなまってしまう。毎日バットは振ってきた」
 徳島出身だが、3歳上の兄が八戸学院大の野球部に所属する。互いの寮も隣接しており、心強い存在になっている。
 そんな武岡を中心としたチームについて、就任10年目の仲井宗基監督(48)は「初めて“全国制覇”という言葉を使った」と言った。チームは11年夏、12年春夏と3季連続で甲子園の決勝の舞台に立ちながら準優勝に終わった。「日本一の難しさを痛感して簡単には口にできなかったが、この子たちはそういう気持ちが持てる」と、現チームにはおごらず頂上目指してまい進する可能性を感じたという。
 武岡は「チームの顔になりたい。目立つ選手になりたい」と選抜で大暴れできるのを楽しみにする。東北勢初の甲子園制覇。その快挙に一番近いのが八戸学院光星であるのは間違いない。


(スポニチ発行2019センバツ特集号から)

error: Content is protected !!