2017年9月5日

企業情報

トップメッセージ

スポーツニッポン新聞社のコーポレートサイト(公式ウェブサイト)にアクセスしていただき、ありがとうございます。会社を代表して一言、ごあいさつ申し上げます。

野球、サッカー、大相撲、ゴルフ……。さまざまなプロスポーツからアマチュア競技まで、日々の暮らしの中でスポーツにまつわる話題が尽きることはありません。

勝敗に一喜一憂するだけでなく、アスリートたちの人間ドラマに勇気をもらい、涙を流す。それが明日への活力につながっていきます。

各界の有名人や芸能人、映画やテレビをめぐるホットな情報も生活の関心事です。

競馬や競輪、ボートレースといった公営競技も人生を楽しむ幅を広げてくれます。そのような世界に皆さんを誘(いざな)うのがスポーツ紙です。忙しい現代人のコミュニケーションの潤滑油と言ってもいいでしょう。

スポーツ紙は、感動、熱狂、驚き、安らぎ、閃(ひらめ)き、そんな多様な感覚をよりストレートに読者の皆さんに届け、共有できるメディアです。それによって、人々の心を豊かにし、生活に潤いを与える。それが私たちの仕事です。

ニュースを迅速に報道し、解説・評論する「ジャーナリズム」、そして多彩な話題で人生を楽しくする「エンターテインメント」。この二つの顔を併せ持つ総合メディア企業です。

「愉(たの)しい新聞」を掲げてスポーツニッポンが大阪で創刊されたのは1949(昭和24)年2月1日。翌年から東京、西部(九州・山口)と発行エリアを広げ、「スポニチ」の愛称で親しまれる全国紙になりました。

タブロイド判4ページ、定価1円50銭でスタートした新聞は読者の皆さんに支えられ、日本を代表するスポーツ紙に成長しました。

数々の特ダネで「スクープのスポニチ」というお褒めの評価をいただいたのは私たちの誇りです。

昭和から平成そして次の時代を迎えようとしている現在、私たちの仕事は紙の新聞の発行にとどまらず、デジタル分野にウイングを広げ、2019年2月1日には創刊70周年を迎えます。

新聞やデジタルによる報道の仕事だけでなく、スポニチは社会人野球、女子プロゴルフツアー、市民マラソンなどさまざまな分野のスポーツイベントの主催・後援をはじめ、将棋の王将戦や毎日映画コンクールの主催など文化事業も幅広く展開しています。

「スポーツを通して日本を元気にしよう」と呼び掛けて設立した「スポーツニッポンフォーラム」も10年を超え、多くの会員企業・団体の皆さんの交流の広場になっています。

スポーツニッポン新聞社には三つの企業理念があります。

  • 私たちは、より個性豊かで、確かな報道を通じ、読者の信頼と共感を得る。
  • 私たちは、スポーツ、芸能など文化の創造と発展に寄与し、楽しく元気な社会を築くことに貢献する。
  • 私たちは、心を一つに切磋琢磨し、常に挑戦し続け、たくましい企業を目指す。

私たちの仕事で、「信頼と共感」はとりわけ大切なキーワードです。2020年に迫る東京五輪・パラリンピック。その前にもサッカーW杯ロシア大会(2018年)、日本でのラグビーW杯(2019年)とスポーツのビッグイベントが目白押しです。スポニチの新しい挑戦が続きます。ご期待ください。

スポーツニッポン新聞社

代表取締役社長

河野 俊史

error: Content is protected !!