沿革

1949.2.1大阪で「スポーツニッポン新聞」誕生。タブロイド判4ページ(11段組み)1ヵ月42円、1部1円50銭
1950.3.6東京支社を設立、同日付から発刊。全紙大(現在と同じ)2ページで1ヵ月50円、1部1円50銭。当初の発行部数は15万部。支社は千代田区有楽町の毎日新聞東京本社内に置かれた
1957.2.1プロ野球全キャンプ地にマスコミで初めて特派員常駐。キャンプ報道に変革
1959.3.21スポーツニッポンの題字の下に「略称スポニチ」の文字が入る
1959.6.1札幌市で現地印刷を開始、全国紙としての基礎を確立
1960.8.10東京支社が「株式会社スポーツニッポン新聞東京本社」として独立
大阪スポニチは「株式会社スポーツニッポン新聞大阪本社」と改称
1960.10.15新聞界初の赤見出し
1961.8.29西部支社が「株式会社スポーツニッポン新聞西部本社」として独立
1966.1.3京都競馬場での金杯がスポーツニッポン賞に
1966.9.26東京本社を竹橋のパレスサイドビル内に移転
1971.9.1即売用新紙面「スポニチ環状線」スタート。新聞界初の二毛作
1972.4.22即売紙面で1面題字上に横一線の赤見出し。大胆紙面に大反響
1974.9.24新聞休刊日に初の即売臨時版発行
1975.4.1青森市で現地印刷開始
1976.1.18「ジャパンボウル」(アメフト・全米大学オールスター戦)」を主催
1976.10.24日本初のF1を主催
1977.5.7「王将戦」を主催、独占掲載
1982.4前橋市、福島市で現地印刷開始
1983.10.11初のダブル1面を発行
1985.7.13静岡支局開設
1986.1カラー印刷開始
1987.4コンピューターによる組版システム「CTS」が始動
1988.8 .8編集局が江東区越中島の現社屋に移転。厚木市で現地印刷開始
1989.1.10中四国印刷センター(岡山県倉敷市)で印刷開始
1989.3営業・管理部門が越中島に移転
1989.6.5題字を「横から縦」、創刊以来の大改革
1989.10.1福島支局開設
1990.7韓国のスポーツ朝鮮社と業務提携
1992.9.1長野支局開設
1992.7バルセロナ五輪で衛星版スポニチ(タブロイド判)を現地発行
1993.2大阪本社、西梅田毎日新聞ビルに移転
1995.1阪神淡路大震災救済募金を紙面で呼びかけ、全国から4204万9306円の義援金が集まる
1995.4スポーツ紙初の販売部数(ABC協会報告部数、東京本社管内の1日平均)100万部を突破
1995.4高速オフセット摂津工場で印刷開始
1995.8川口市で現地印刷開始
1996.7アトランタ五輪でも衛星版を発行
1998.2長野五輪期間中に、初の英字紙「THE SPONICHI」を発行。タブロイド判16ページ、大反響を呼ぶ
1999.1.1電子メール新聞「スポニチメール」創刊
1999.2.1創刊50周年
1999.10ラジオ・テレビ面が大改革、片面カラーの2ページに
2000.4.1スポニチのホームページ「スポニチアネックス」がスタート
2001.3.2421世紀型に題字変身。「デカ字」導入
2003.6江東区越中島の東日印刷新工場で印刷開始
2003.7終面企画「好奇心」スタート
2004.2.1創刊55周年
2004.10.1スポニチ大阪、スポニチ西部と合併。「株式会社スポーツニッポン新聞社」となる。3本社で題字を統一
2007.5.30スポーツを通じての社会貢献、地域振興などを基本理念とした「スポニチフォーラム」(第1回)を開催
2009.1.1吉本興業とのコラボレーションで超大型連載企画「笑いは地球を救う!!!」をスタート
2009.2.1創刊60周年
2009.7.1西部本社が小倉から福岡に移転
2009.10.27環境事業強化を進める宇部マテリアルズと包括業務提携契約を締結
2010.2.5子どもたちのためのスポーツ紙「スポニチジュニア」創刊
2010.2吉本興業とのコラボ企画「スポニチ新喜劇」を大阪・千日前のなんばグランド花月(NGK)で上演
2010.5.1大阪・ミナミに情報発信基地「スポニチプラザ大阪」オープン
2011.4.1「毎日・スポニチ持株移行株式会社」設立
2011.5.1月刊タブロイド紙「スポニチアーカイブス」創刊
2011.6.24毎日・スポニチ持株移行株式会社が臨時株主総会を開き、商号を「株式会社毎日新聞グループホールディングス」と変更
2011.11.1スポーツ紙初のUSTREAM公認スタジオをスポニチプラザ大阪内に設置し情報発信
2014.2.1創刊65周年
2014.3週間タブロイド紙「マンガ アルチーボ」創刊
2014.9.25世界最大手航空会社「ターキッシュエアラインズ」と包括契約を締結
2018.10.01毎日新聞社と共同出資して「(株)CYMES」を設立
2019.2.1創刊70周年
2020.2.1会員サイト「スポニチスクエア」開始